広報公益委員会からのお知らせ/活動報告

広報公益委員会

「ぐるっと京都トレイル2021秋・北山コース」を開催します(2021 11/28開催)

コロナ禍のため休止していた「ぐるっと京都トレイル北山大会」を再開いたします。

 

ぐるっと京都トレイル®は、京都一周トレイルを体力に応じて歩くトレッキング大会です。
京都の街を囲む山々の季節を味わい、自然と景観、京の秋を丸ごとお楽しみください。

 

icon_pdf ぐるっと京都トレイル2021 秋・北山コース ご案内チラシ(PDF)


【必ずお読みください】icon_pdf 参加者の皆さまへ(新型コロナウイルス感染症対策について)(PDF)


[主催:京都府山岳連盟/共催:京都一周トレイル会]

広報公益委員会

加盟員クライミング練習会 サンガスタジアムbyKYOCERA(亀岡)のお知らせ

緊急事態宣言発出に伴い、利用時間が変更されます。

1月18日(月)~当面の利用日 時間 16時~20時

なお、強化・育成選手は本事業へは参加できませんのでご了承下さい。

 


加盟員クライミング練習会のお知らせ
サンガスタジアムbyKYOCERA(亀岡)

新型コロナウイルス感染症の全国的な流行により様々な活動がが縮小されている中ではありますが、当連盟では加盟員の皆さまのスポーツ活動・健康に寄与できるよう、コロナウィルス感染症拡大防止対策を行いながら、クライミング練習会を実施しております。

本連盟では(公社)日本スポーツ協会、(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会、(公社)京都府スポーツ協会、京都府競技力向上対策本部の策定する各種ガイドライン等を参考に、参加者の皆さまの安全な活動環境を検討しながらの事業となりますので、ご理解・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

つきましては、参加にあたり以下に掲載します「練習会事業への参加にあたって」をご覧いただき、事前に参加予約、そして「参加申込書・誓約書」をご持参の上、参加頂ますようお願いいたします。

 


2020年12月・2021年1月~3月の日程

いずれも午後5時~午後9時

2020年2020年12月の日程
12月7日(月) 12月14日(月)
12月21日(月)

2021年1月の日程
1月12日(火) 1月18日(月)
1月25日(月)

2021年2月の日程
2月1日(月) 2月8日(月)
2月15日(月) 2月22日(月)

2021年3月の日程
3月1日(月) 3月8日(月)L/B
3月15日(月)L/B 3月22日(月)L
3月29日(月)L/B

諸般の事情により、急遽変更される場合がございます。
参加直前にも予定を確認頂ますようお願いいたします。
(L)リード壁 (B)ボルダー壁


9月・10月・11月の日程

いずれも午後5時~午後9時

2020年9月の日程
9月7日(月) 9月14日(月)
9月23日(水) 9月28日(月)

2020年10月の日程
10月5日(月) 10月12日(月)
10月19日(月) 10月26日(月)

2020年11月の日程
11月2日(月) 11月9日(月)
11月16日(月) 11月24日(火)
11月30日(月)


会場と概要

会場 サンガスタジアムbyKYOCERA
京都府亀岡市追分町(JR亀岡駅すぐ)

グラビティ・リサーチ休業日の貸し切り利用となります。

京都府山岳連盟の加盟員および個人会員の方が参加いただけます。
個人または山岳会等でご利用ください。

当日利用できる施設はリードクライミングウォールのみとなります。


練習会参加の流れ

1.練習会事業への参加にあたって をご覧ください。

2.参加申込書・誓約書を印刷の上、ご記入ください。

3.参加前にお電話にて予約してください。(当日可)

4.参加申込書・誓約書をご持参の上、会場にお越しください。


必ずお読みください

京都府山岳連盟 練習会事業への参加にあたって(PDF)
参加申込書・誓約書(PDF)

 

新型コロナウイルス感染症への対策を十分に行いながらの事業開始となります。
ロープや装備は個人装備にするなど、参加者の皆さま自身でもしっかりと対策を行いながら、事業への参加をお待ちしております。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

広報公益委員会

「講演会/夢を追った36年エベレスト「静かな」挑戦者を語る」 ~田村聡氏

【DBエンタメ文化講座情報】

第1回文化講座開催決定!

〜夢を追った36年エベレスト「静かな」挑戦者を語るー

講師:田村聡氏

【講師のプロフィール】
東京都立川市出身で山好きの父親と大学山岳部出身の伯父に影響され、13歳で登山をはじめる。
学生時代から社会人山岳会「東京ろうあ者山の会」に所属し、ろう者としての登山技術を学び、山スキーの技術も磨いた。
北アルプスの山々を登り、クライミングの経験を積み重ねた。
1980年に重広恒夫・尾崎隆によるエベレストの北壁初登頂を報せる新聞記事を見て、「いつかはエベレストに登頂したい」と望みを抱く。三度目の挑戦で2016年に世界初、ろう者としてクライマーエベレスト登頂を果たした。

 

詳細はリンク先にてご確認ください

広報公益委員会

「ぐるっと京都一周トレイル 春 鞍馬コース」は2021年春(予定)に延期いたします。

ご承知の通り、「新型コロナウイルス」の感染が広がっています。
「ぐるっとトレイル」も多くの方が参加されますので、感染リスクを減らすためにも9月27日(日)2021年春(予定)に延期することにいたしました。

参加を楽しみにされていたと思いますが、ご理解いただき、次回ご参加下さい。
既に申し込みされている方は、改めて申し込みしなくても、当日受付においで下さい。

広報公益委員会

「ぐるっと京都トレイル春・鞍馬コース」を開催します/2021年春(予定)に延期します。

拡散するコロナウイルスを鑑み、9月27日2021年春(予定)に延期いたします。
参加を予定されていました皆さまには、多大なるご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。


ぐるっと京都トレイルは、京都一周トレイル®を体力に応じて歩くトレッキング大会です。
京都の街を囲む山々の季節を味わい、自然と景観をお楽しみください。

 

icon_pdf ぐるっと京都トレイル2020 春・鞍馬コース ご案内チラシ(PDF)

 

[主催:京都府山岳連盟/共催:京都一周トレイル会]

広報公益委員会

京都・亀岡に国内最大規模の屋内クライミング施設が完成しました

京都府山岳連盟が数十年に渡り府に要望をして参りました待望のスポーツクライミング施設(公共設置)が、京都府亀岡市(JR亀岡駅隣接)に完成しました。
京都府が設置する球技専用スタジアム「サンガスタジアム by KYOCERA(京セラ)」のバックスタンド裏側のスペースに、リード・ボルダリング・スピード・キッズウォールを備えた完全屋内・冷暖房完備で国内最大級の施設となっています。

●施設概要

リードウォール 高さ約17m 幅約20m

ボルダリングウォール 高さ約4.7m 幅約27m

スピードウォール 2レーン(国際フォーマット)

キッズウォール 高さ約3.2m 幅約15m

 

京都府山岳連盟では、府民皆さま、クライミング愛好者の皆さまに幅広く本施設に親しんでいただけるよう、さまざまな活用方法・事業等を計画しております。

 12/25に行われました報道関係者向け見学会のニュース記事(京都新聞)はこちらから

広報公益委員会

豚コレラ感染防止にご協力を!(京都府農政課より)

京都府では、中部・東海地方を中心に確認されていますCSF(豚コレラ)については野生いのししの感染も確認されており、京都府のホームページにおいて、添付のとおり、山林に入られる方々に、下山の際の靴底洗浄をお願いしております。
 京都府のページ http://www.pref.kyoto.jp/chikusan/documents/sanrin-onegai.pdf
連盟のホームページでの啓発について、ご協力いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。
京都府農林水産部農政課 
電話番号 075-414-5656
e-mail m-wsanrin-onegaiatanabe63@pref.kyoto.lg.jp

豚コレラ感染防止のお願いポスター

広報公益委員会

遭難をなくする集い トップクライマーで山岳写真家の 平出和也さんを迎えて

実施日:2019/12/06 於:京都テルサ

トップクライマーでもあり山岳写真家でもある平出和也さんを迎えて「遭難をなくする集い」を開催しました。

平出さんが登山を始めた頃から、2回目のピオレドール賞を受賞するに至ったシスパーレ東北壁新ルート登攀まで、登山に対する熱情を熱く語って頂きました。

これだけの困難な登攀をこなすなかで、いままで大きな事故もなく登ってこられたことには、平出さんの社会生活から登山活動にまで貫かれた思いがあることを皆さん強く感じ止められたこと思います。

それがただ山に登るだけでなく、事故なく「生きて帰れる登山」につながり、体力の限界が来るまで登山は続けられると言うことに自信を持たせてくれました。

広報公益委員会

ATHLETE TALK “トレイルランナー鏑木毅が50歳で再びUTMBⓇに挑む。(2019/11/15 )ーー終了

トレイルランナー 鏑木毅が50歳で再びUTMB®に挑む。
彼の「決して終わらない挑戦」「決して諦めない姿勢」を伝えるための NEVER プロジェクトを発表して3年。
UTMBに挑み、レースを終えた今、何を思うのか。映像や写真と共にその思いを赤裸々に語ります。
.
【開催日】2019年11月15日(金)
【開催時間】19:00~20:30
【開催場所】THE NORTH FACE 京都店
【募集定員】先着50名
【お申し込み】THE NORTH FACE京都店

THE NORTH FACE 京都店
〒604-8073 京都府京都市中京区六角通柳馬場大黒町71番地
075-221-2200 / OPEN 11:30~20:00
Instagram @tnf_kyoto .

 

イベントの詳細・お問い合わせはTHE NORTH FACE 京都店までお願いします。

 

 

広報公益委員会

山から遭難事故を減らそう!!「ストップ・ザ・1000」 キャンペーンアニメ動画のご紹介

警察庁発表の山岳遭難事故データによると、2018(平成30)年の山岳遭難の発生件数は2,661件、遭難者総数3,129人、死者・行方不明者342人、負傷者1,201人、無事救出1,586人で、統計に残る1961(昭和36)年以降で最も高い数値となりました。態様別では道迷いが1,187人(37.9%)と突出しています。
遭難者総数は、約20年間、右肩上がり傾向が続いています。これでは登山行為が、社会悪とみなされかねません。
そこで、私たち登山者が団結して、1996(平成8)年代の遭難者総数1,000人台に戻す“減遭難”に取り組みませんか。遭難とは言い難い道迷いが1,187人もいるのです。これを無くすだけでも3,129人から2,000人以下にまで減少させることができます。

日本では、かつて年間の交通事故死者が1万人を超えていました。最高は1970年の16,765人です。それが昨年(2018年)は3,532人にまで減少しています。1970年の数値のわずか21%です。確かに交通事故死者の減少は、法規制、車両改良などの要因が大きいと思いますが、「交通事故死者1万人キャンペーン」が奏功したのも事実です。やればできるのです。一緒に“減遭難”に取り組みましょう。

どんな荒海でも優秀な船長の下では難破しない、と言われます。同様に、登山でも優れたリーダーの下では遭難を回避できます。(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)では、本年度より身近なリーダーを養成する「夏山リーダー養成講習会」を全国で展開し、“減遭難”に積極的に取り組んで参ります。

 原文-「山から遭難事故を減らそう!!「ストップ・ザ・1000」 キャンペーン」JMSCA(PDF)

カテゴリ

広報公益委員会からのお知らせ

広報公益委員会の活動報告

京都府山岳連盟

WEBSITE MENU

〒601-8047 京都市南区東九条下殿田町70 京都府スポーツセンター内
TEL 090-2355-2551 FAX 075-692-3490

Copyright© 2021 京都府山岳連盟 - KYOTO ALPINE LEAGUE. All Right Reserved.